テーマ:映画

最近観た映画

三月以降に観た映画をメモ的に。 「空気人形」と「愛のむきだし」の二本立てを早稲田松竹で。「空気人形」は期待してたより今ひとつ。「愛のむきだし」は評判通りに激しくエグいナイスな映画。しかし映画四時間は長過ぎ。しかも二本立てで行ったから、6時間超の拘束。ま、仕事がヒマだからいいんですけどネ。入場料1,300円だから、一時間あたりおよそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イングロリアス・バスターズ

昨日は一昨日に続いて、映画を観た。 なんせ、昨年末から観たかったけど忙しくて観られなかった「イングロリアス・バスターズ」がいよいよ終演になりそうだし、水曜で映画1000円だったからネ。 第二次世界大戦中のナチス・ドイツ占領下のフランスが舞台。ナチに家族を虐殺されたユダヤ人娘ショシャナと、イングロリアス・バスターズと呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アバター

きょうは仕事に行くかどうするか迷った結果、 娘に誘われるままに、川崎のIMAXで3Dのアバターを鑑賞。 IMAXは劇場がデカくて映像がきれいなんですが、 音響も良いんですね。 この映画、行く前は眉唾物だった3D映像がホントに素晴らしい。 初めは、こんな造形には気持ちが入らんやろと思っていた異星人も、細やかな表情描写…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「沈まぬ太陽」を観ました

明日は1の日、「映画1000円の日」。 その前日なら空いてるだろうと、ヨメはんと50歳以上の夫婦1000円割引で、今まさに沈まんとしている日航を題材にした「沈まぬ太陽」を観てきました。そしたら、館内は同じ考えの中高年夫婦でほぼ満席。 映画は間に10分の休憩時間をもうける、三時間を越す大作。その割には飽きずに最後まで観…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『グラン・トリノ』を観ました

昨日は1日。映画千円の日。(こればっか・笑) 映画『グラン・トリノ』を観ました。 いやぁ~、しみじみと良い映画だったぁ。 ダーティハリーを彷彿とさせるイーストウッドに大ウケ。 頑固で偏屈なコテコテのアメリカ爺の演出にも大笑い。 突然緊張する展開のラストシーンに大泣き。 白人中心で栄華を誇った古き良き(?)アメ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観ました

今日は水曜。 シネセゾン渋谷が映画千円の日。 で、アカデミー賞最多8部門を受賞した注目作 『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ストーリーは単純なラブストーリーなんだけど、ダニー・ボイルらしい疾走感溢れる編集と音楽のセンスが最高。『トレインスポッティング』も『シャロウ・グレイブ』も音楽がサイコーでしたもんねぇ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

映画『ウォーリー』を観ました

昨日は1日。映画の日。 間もなく上映が終わってしまう PIXARのフルCGアニメ『ウォーリー』を観に行きました。 昨日は日曜日。 その上、吹替え版しか上映してなかったので、 子供連れが多いだろうなぁとは予想してましたが、 …多かったです。しかも未就学児童の多いこと。 上映中も通路を歩き回るなど、彼らは自由すぎる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ぐるりのこと。』を観ました。

今日は水曜、映画1000円の日につき シネマ アンジェリカで『ぐるりのこと。』を観ました。 いやぁ~、大した山場も無いんだけど 誰にでも降り掛かってきそうな日常のドラマを 丁寧に描いた映画でした。 久しぶりに邦画らしい邦画、 じんわり泣ける良い映画を観た感じです。 木村多恵さんとリリーフランキーさんの自然な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『おくりびと』を観ました

昨日は映画1000円の水曜日。 話題の邦画『おくりびと』を観ました。 穢らわしいと避けられがちな『死』は、 実は『生』と隣り合っていつも身近にあるもの。 それを再認識させられる映画でした。 重くなりがちなテーマを軽やかに仕上げていて、 伊丹十三監督の『お葬式』とはまた少し趣を異にしますが プロの作り手による映画…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画 Eagle Eye を観ました

昨日は水曜、映画1000円の日。 1000円で観られる映画館でコレといった観たい映画がなかったので、あまり評判がヨロシクないようですが『Eagle Eye』を観ました。 感想は、ノンストップアクション娯楽映画として結構楽しめました。映画って期待しないで観ると楽しめるモンですね。コンピュータに操られる人間、というありがちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おなじみ、水曜は映画1000円の日

水曜日はシネ・アミューズ系の映画館が1000円の日。 なので行ってきました。 YOUNG@HEART 平均年齢80歳のロックコーラス隊YOUNG@HEARTを追っかけたドキュメント映画。もう~笑えます、泣けます、元気がもらえます。仲間の死を乗り越えて歌い続けるじいちゃん、ばあちゃんのキーポン・ロッケンロール! 千の風な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不安定な中田を観たくなかったので、観に行きました。

きのうは1の日。映画1,000円の日。 なので『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観に行きました。 やっぱり1,000円の日しか映画観てないw さてさて映画は良くも悪くもインディ・ジョーンズらしく、 映画序盤から相変わらずのノンストップ・アクション。 随所には他の映画を彷彿とさせるパロディシーンも散り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題の映画「JUNO」

昨日はアミューズなどで映画が千円で観られる水曜日。 夕方まで時間が空いたので、話題の映画「JUNO」を観ました。 しかしこのブログの映画記事をさかのぼったら、 水曜しか映画を観てない感じですwww。 この映画は最初わずか7館での公開から2448館に拡大し、ついに全米興収第2位へと大躍進した作品。しかも脚本家は元ストリッパ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やっと観られた

昨日は水曜で映画が1,000円なので、 ずっと観たかった映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を観にいきました。 いやぁ~、前半のまったりした展開に、毛虫かぶれの薬が効いてるワタシは我慢できずウトウトしちゃいましたけど、油井が大炎上したあたりから物語は一気に加速して、2時間38分の長さを感じさせない映画でした。アカデミー賞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノーカントリー

昨日、映画「ノーカントリー」を親子三人で鑑賞。 怖かったなぁ。 特に殺し屋役のハビエル・バルデムが好演。おかっぱでギョロ目で大柄な男が、冷徹に殺人を重ねていく様は、見ていくうちにその存在が神格化していき、どんどん怖くなっていく。でも、この殺し屋が助演なんですよね。アカデミー賞でも助演男優賞をもらってたもんね。ほとんど出ずっぱ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

やっとキサラギを観た

今日は水曜日。映画1000円デー。 この夏に観たい観たいとずっと思っていた 映画『キサラギ』をやっと観ました。 自殺したアイドル如月ミキの一周忌に ファン5人が集まった一室で起こるコミカルサスペンス。 古沢良太の脚本がメチャクチャ良く出来てる。 次々と転がるストーリー展開に釘付け。 ただ、集客を考えてのコトだと思う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゾディアック

先日の日曜日は1の日の映画1,000円デーだったので 映画ソディアックを観ました。 アメリカを震撼させた、未だ未解決の連続殺人事件を題材にした映画。 『セブン』のデビッド・フィンチャー監督らしく、 全編にたれこめる重い映像が緊張感を与えていて 3時間近くある長尺の映画だけども、最後まであきる事なく 久々に見応えのあるサス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでもボクはやってない

昨日は水曜。千円で映画が見られるので、 話題の法廷映画「それでもボクはやってない」を友人H氏と鑑賞。 有罪率99.9%という独裁国家のような異常な数値を叩きだす、 日本の刑事裁判の問題点が克明に描かれている。 社会派にありがちな、気負いとかそういうものは感じられない 周防監督らしい人間味あふれる作品だと思う。 でも、丁寧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ホテル・ルワンダ」

きょう、息子が観たいと言うので 一緒に映画「ホテル・ルワンダ」 を観にいきました。 ボクは知らなかったんだけど、この映画は2004年度アカデミー賞主要3部門にノミネートを果たすなど注目を集めていた作品なのに、興行主の買い手がつかず日本公開が危ぶまれていた作品で、WEBなどを通じて署名活動 をし公開にこぎつけた映画なんですって…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場

今さらですが「チャーリーとチョコレート工場」をやっと今ごろ観ました。 面白かったぁ♪ ティム・バートンって、やっぱり凄い。 変態に拍車がかかってます。 ディズニー社を辞めたのが納得できます。 とにかく全編ユーモアとウイット、そしてパロディの洪水。 あそこまでのコアで少しグロな笑いはディズニーじゃ、ありえないですもんね…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

元祖・宇宙戦争?

先週末に観てきました。 スピルバーグ監督、H.G.ウェルズ原作の『War of the Worlds/宇宙戦争』を。 ストーリーは、まぁ、普通な感じなんですけど。 映像の迫力はスゴイ!これはぜひとも劇場の大スクリーン・大音響で観て欲しい一作でやんす。とにかく迫りくるトライポッドがコワイ!良くできてます!しかし、米国民ってのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more