coo graffiti

アクセスカウンタ

zoom RSS 百田尚樹に泣かされたぁ〜ん

<<   作成日時 : 2010/02/16 00:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

最初に百田尚樹に出会ったのは小説『ボックス!』。
これはちばてつやの『ハリスの風』や『俺は鉄平』のような爽やかで甘酸っぱい青春ボクシングドラマ。今春に市原隼人主演で映画化されるそうですが、なるほどって感じのキャストです。
その次に読んだのが『風の中のマリア』これはオオスズメバチの壮大なドラマなんだけど。残念ながらボクにはいまひとつって感じで、その世界に入り込めなかった。

んで、さきほど読了したのが彼のデビュー小説『永遠の0(ゼロ)』。
家族のために必ず生きて帰ると約束した、零戦パイロットのお話。
ボク自身、先の大戦のコトは知ってるつもりだったけど、本当のトコはなにひとつ理解出来てなかったと思い知らされた。当時の戦場が実に丁寧に描かれていて、当時の人々の思いが沸き上がり、ついつい電車の中で落涙。不条理な戦いに自らのたった一つの命を投出す戦士の覚悟。その命を物のように扱う司令官。そうだよなぁ〜、当時の軍隊の将校も、今のキャリア官僚と同じで、自己保守に奔っただけやったんやなぁとか、アメリカはいかにも正義面してるけど民間人を殺戮しよったんやんかぁとか、当たり前のコトをわかってなかった自分に、唖然愕然呆然。アメリカなんていまだにやってる事は変わらないもんね。。。

ほんでもって、この小説の最後のオチがまたもう〜、、、泣けました。。。
あんまり人前で泣かさんといてやぁ、百田さん。。。







永遠の0 (ゼロ)
太田出版
百田 尚樹

ユーザレビュー:
5点以上!!戦争もの ...
絶対に読むべき作品で ...
百田版壬生義士伝?本 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そ〜ですか〜、よさそうですね。
私もNHKの戦争の特集などをよくみて、涙涙のことがあります。
現代のわたしたちって、あまいですよね。
読んでみます。
hiromix
2010/02/18 19:59
最近読んだ本で、面白かった一冊です。たしか文庫本も出てると思います。読んでみてくらさい。
coo
2010/02/21 08:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
百田尚樹に泣かされたぁ〜ん coo graffiti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる