三失点でマサかの三位転落

またしても白星を飾れなかった昌。
三勝目がなかなか勝てない。

巨 人┃030│000|000┃3┃
中 日┃000│000│100┃1┃
【巨人】 ○木佐貫(11勝7敗) S上原(27セーブ)
【中日】 ●山本昌(2勝7敗) 菊地 久本 高橋 鈴木
[本塁打] ウッズ33号(中)

二回表の三失点が最後まで響きました。
その後の昌はなんとか立ち直ったのに、打線の援護はなく6回降板。
中日の得点は7回のウッズのソロホームランのみ。
木佐貫が良かったから、しょうがないとはいえ貧打やのぉ。
それにしても三位とは。
一位から三位までが2ゲーム差。
今は日替わりで順位が入れ替わる可能性を秘めた
三位一体状態(?)やけど
今日は絶対勝たんと、置いて行かれてまうぞっ!
憲伸、エースの意地を見せてくれっ!

この記事へのコメント

2007年09月06日 07:27
三位一体、まさにそうだね。ドラもこの
機にチームの構造改革が必要では?
もう遅いか(笑)
健太受賞したが 貰わないほうが・・・
だって受賞した翌月は・・・・
多いよそのような人(苦笑)
2007年09月06日 08:38
クリボー様
おぉ~健太の月間MVP受賞、カッカしてて忘れてました(笑)いまや健太が実質のエースですもんね。

この記事へのトラックバック

  • マサの呪縛か打線沈黙、完敗竜3位転落。

    Excerpt: 粘って、つなぐ打線に驚きの満塁弾。 大事な首位攻防の初戦を制したドラゴンズ。 迎えたナゴヤドームでの巨人との第2戦。 先発には、雨で登板が流れ、 中13日となった山本昌が上がります。 3カ月以上勝ち星.. Weblog: ドラゴンズスタジアム racked: 2007-09-06 09:14
  • 山本昌また勝てず、中日打線木佐貫に2安打沈黙で巨人に敗れ3位転落

    Excerpt: ●中日1-3巨人○(CM22) 2007年9月5日(水)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ、プロ野球公式戦20回戦(首位攻防天王山第2ラウンド)が行われた。中日の先発は山本昌、巨人の先.. Weblog: DRAGONS VICTORY racked: 2007-09-06 09:28