coo graffiti

アクセスカウンタ

zoom RSS 落合監督解任に思ふ

<<   作成日時 : 2011/09/27 16:46  

トラックバック 0 / コメント 4

およそ一年ぶりのブログ更新。

オレ竜が8年で終止符をうつ事になった。

球団フロントは、新しい風をとりこみたいと言う。高木守道さんにつなぎの監督をつとめてもらい、立浪か井上一樹あたりを次期監督に、とのつもりだろう。

落合監督がマスコミに対して選手の怪我などの情報開示を拒んだり、インタビューにちゃんと応えないなどファンサービスに勤めなかったために、観客動員が減少し球団経営が厳しくなったのも一因だと言う。でも、ほんとのところは、常勝チームになったが故に監督のギャラが高騰し、経営を圧迫してきたというのが本音だと思う。観客動員が減っているのは、フロントに責任がある。しかも、監督が情報開示しなかったのは球団に不利益なコトはしないとの合理的な考えからのことだし、インタビューで口数が少なかったのも、監督が照れ屋で口下手というのもあるだろうけど、選手の悪口を言いたくないとの考えからのことだろう。

また、コーチ陣を中日OB以外からとったことで、OB会や後援会から突き上げもあったに違いない。外様ゆえの悲哀である。

そんなこんなで球団フロントは、落合続投を拒んだのだ。

でも、でもである。
この8年間に落合監督が残したリーグ優勝3回・53年振りの日本一1回という輝かしい実績。まぎれもなく名将である。最初の頃は落合嫌いなファンも少なくなかったが、いまや押しも押されぬファンの支えなのである。

2006年10月10日@東京ドーム。
苦しんで苦しんで、12回延長の末にリーグ優勝を成し遂げた瞬間の監督の涙をボクは忘れられない。「涙もろくてスイマセン」‥‥、あぁ落合さんは人見知りで照れ屋ゆえに誤解されがちだけど、実は朴訥な人柄なんだなぁ、そう思った。あの時、ボクは東京ドーム二階席で知らないオジサンと抱き合って泣きました。落合監督に感激して泣いたんです。監督の野球に対する熱い思いに泣いたんです。

画像

画像

球団経営という名の下に監督を切るフロントと、今年も連覇を願うファンの間には、とてつもない溝が出来てしまったと思う。

今年も、今年だからこそ、
「見せろ落合日本一!」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
落合監督退任は、残念の一言です。
 勝利を第1に考えた落合監督の選手起用は、みていてこれぞプロ野球というものでした。

 …しかし、どうしても納得できないのが、新監督の人選。
 かつて成績不振から途中休養を命じた監督に、再度監督を要請した球団がかつてあったでしょうか?(少なくとも私の記憶では、そんな球団は記憶がありません。ということで、こんな球団のファンも休養。来年は応援に行く気になれません。)

 岩瀬・谷繁…落合監督のもとで活躍できた選手も、とまどいを感じていることでしょう。
 かつて休養を命じられた監督のもとでは、成績が悪ければ選手のせいとなり、減俸。95年の例では種田仁・与田剛がそうでしたが、第2の種田・与田となる選手が今度もでるはず。
 選手は、生活を守るため、もっと声をあげて欲しいです。
knoll
2011/09/30 14:35
knollさま


守道さんは中京地区の財界に顔が広い→年間シートなどの売上げ向上が期待出来る
高木守道OB会会長→中日出身者で組閣→年俸を押さえられる

つまるところオカネなんでしょうね。
ファン置いてけぼりですよ。

これって「普通」なんですかねw
coo
2011/09/30 16:02
久々のcooさんの熱いブログ拝見。
中日ファンじゃなくとも、落合さん結構好きだから、そうやったんか・・と野球界の裏を勉強させて頂く思いです。
ohase
2011/10/07 01:06
ohaseさま
阪神もCS目指して、ヤクルト巨人叩きをお願いしますネ!www
coo
2011/10/07 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
落合監督解任に思ふ coo graffiti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる