coo graffiti

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語は難しい

<<   作成日時 : 2009/10/31 02:10   >>

トラックバック 0 / コメント 4

いま世間をにぎわしている結婚サギの34歳の「女」。
ニュースやワイドショーではやたら「女」と呼んでいるが、この「女」って呼称が妙に気になる。耳に障る。

これが、同じような犯罪の報道番組で「……の男が」と言われても、そないに耳にひっかからないと思う。なぁ〜んでか!その根底には男性優位の社会が、いまだ日本には根強く残ってるからなんかなぁ。きっと日本人の心の深いトコロで「女」は侮蔑の意味を含んだ名詞になってんねやろなぁ。日本語は奥深い、っちゅうか、日本の近代史を言葉は反映してんねんな。お〜、恐っ。

あとね、最近強く思うのは、同じ言葉でも「会話」だとスムーズにコミュニケーション出来ている事が、無機質な「メール」というメディアを通すと、「ちょっとビックリ!」と思うぐらい冷たく相手に伝わってしまうコトがある。そこには、「肉声」とか「肉筆」とか、人間味のあるコミュニケーションが欠けてるからなんやろな。

感情などの微妙な機微までもあらわす日本語は、もしかしたらコンピュータには不適切なのかもしれないですネ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに、テレビのニュースで女、女、って聞くとなんだか強烈です。それもかわいい女性のアナウンサーが言うと同性なのに感情が入るというか、軽蔑というか。ね。
メールは気をつけないと危ないですよね。
とくに、携帯メールに絵文字を使わないと、怒ってる?とか感じ悪い、とかまで思う人が多いらしいですよ。それはどうかな。

パソコンのメール、ふざけ過ぎても、ラフにしすぎても、受信する方の気持ちの問題も大きい気もします。せんせ、デリケートだから♪
hiromix
2009/10/31 14:29
「女」のhiroMIXIせんせーへ。
どもどもMr.デリケートです。
メールのさじかげん、ホントにむずかちいです。。。
coo
2009/10/31 19:44
cooさんに私も全く同感です。
メールで誤解が生じたり角が立ってしまった事例をいくつも見てきました。
やっぱりなまで会って話すのが一番!(でも遠方や海外の友人はそうもいかないけど・・)
cooさんともまた会ってお話したいっす(^^)
ohase
2009/11/05 00:50
ohaseさま
遠方や海外の人とのコミュニケーションツールとして、メールはホントに便利。PCメールだと大きな画像のやりとりも出来るし、最近は携帯メールも海外どこでもだいたい使えるしね。
>cooさんともまた会ってお話したいっす
東京に来はる予定なんかはないんですよね。阿呆な事いいながらメシでも食べたいっすね。
coo
2009/11/05 07:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語は難しい coo graffiti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる