coo graffiti

アクセスカウンタ

zoom RSS 立川談春『赤めだか』を読んで

<<   作成日時 : 2009/02/28 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

去年の夏頃から図書館に予約していた
立川談春『赤めだか』をやっと今週頭に借りられて読了しやした。

まいったね。
リリーフランキーの東京タワーを読み終わった後と似た感じで泣いちゃいました。
キモイです。
東京タワーで泣いたアタシは、
男なんてやっぱしマザコンなんやな、と思ったもんですが、
この本は落語家が真打ちになるまでのエッセイ風自叙伝。
マザコンとはちょっとカンケーない。
ほんだら、なんで泣いたんかなぁ〜。キモイです。

おそらくこの本で談春が一番書きたかったんは、最後の章のトコなんやと思うんです。最後の章はどんなんかと言うと、家元(談志)から真打と認められるために家元(談志)がかつて袂を分かった師匠・小さんを自分の独演会に招くという、いわば孫弟子が師匠と大師匠の仲をとりもつようなイリュージョン(家元風にいうとですね)をしかけるという暴挙を企てるわけです。そしてソコには三者三様の心の揺らぎが生じるわけです。談春はこのコトを書くためにこの本を上辞したのだと、アタシは感じました。その、無償の愛に泣いちゃったんでしょうな。

う〜ん、まいったね。
やっぱりなんで泣いたんかわからへん。キモイ。
でも、ええ本でした。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
cooさん〜〜全然キモクなんかないですよ〜〜
優しいcooさんだから・・その無償の愛を感じとる気持ちがあるからこそです。
ohase
2009/03/01 22:06
ohaseさま
なんで泣けたかわかりました。
酔っぱらっとったんですね。。。
酒飲んで書いたブログはキモイです。
coo
2009/03/02 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
立川談春『赤めだか』を読んで coo graffiti/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる